介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)講座で資格取得を目指そう

まずなぜ自分がニチイ学館のホームヘルパー2級の講座を受講してホームヘルパー2級の資格を取得することを目指しているのかをお話します。

よくいわれていることですが日本は高齢化社会で老老介護などいろいろな問題を抱えているわけですが、自分の場合は単純に両親が年をとってきて、いつ介護をしなければならない状態になっても大丈夫なようにホームヘルパー2級の資格でも取得して備えておこうかなというのが理由です。

でも実際ホームヘルパーの講座はたくさんあって東京で受講できて空いた時間でできる通信講座というのを探していたら「ユーキャン」や「ニチイ」のホームヘルパー2級講座を見つけることができました。

「ユーキャン」も「ニチイ」もどちらも資格講座では有名なのでどちらも知っていたのですがホームヘルパーの講座はニチイ学館が老舗で昔から有名だったのでニチイに決めました。

介護・医療・福祉関係の講座が充実しているニチイ学館だったら間違いないだろうという安心感がニチイ学館には感じることができました。






追記:2013年4月からホームヘルパー2級は制度が改定されて介護職員初任者研修というものになりました。このサイトを立ち上げた当初はまだホームヘルパー2級の資格が介護職への登竜門的な存在でしたので、サイトの内容もホームヘルパー2級の時の内容になっていますが、現在の資格制度がホームヘルパーから介護職員初任者研修に変わっても、介護職の仕事の内容や収入などは変わっていないので、このサイトを参考にしていただける部分はあると思います。資格制度が介護職員初任者研修になったことで、具体的に何が変わったのかもこちらの記事にまとめましたので参考にしてください。



介護職員初任者研修を取得した人のやりがい

介護職員初任者研修を取得して働き始めると無資格で働くのとは全然違う仕事量を任せられます。 最初はその仕事の幅や量にとまどうこともあるでしょうが、大変な分やりがいもきっと多いはずです。 介護サービスを利用している人は、自分の満足のいく暮らしや自分の意…

グループホームとそこでの役割

グループホームとは、認知症対応型共同生活介護とも呼ばれる施設です。 その名の通り、軽度から重度までの認知症患者が集まり共同生活を行っています。 ただし認知症になってしまった病気などがある場合、その病状が安定している時しか入所ができません。 介…

小規模多機能型居住介護とそこでの役割

小規模多機能型居宅介護は、名前の通り25名以下の登録者で成り立つ小規模な施設でありながら、通所、訪問、場合によっては宿泊までできる多機能施設です。 具体的には、デイサービスや訪問介護、短期入所施設や老人ホームの役割を1か所で行うことができます。 利…

夜間対応型訪問介護とそこでの役割

夜間対応型訪問介護とは、夜間必要な際に定期的な見回りができたり、どうしても人手が必要な際に随時呼び出すことができる地域密着型の施設です。 全国にこのようなサービスは広がっていますが、現在47都道府県全ての地域で満たしているかといえばそうでもないようです。…

介護療養型医療施設とそこでの役割

介護療養型医療施設は、医師や看護師、理学療法士などが常駐し医学的な観点からも観察が必要な慢性的な疾患などを持つ要介護者に対する医学的視点と介護的視点からの総合的なサービスを行うための施設です。 多くの場合、病院や特養と経営や運営が系列になっていたり併設さ…


スポンサード リンク